治療よりも予防を| インプラントで日常に色が戻る|美味しい食事が可能

インプラントで日常に色が戻る|美味しい食事が可能

歯医者

治療よりも予防を

歯磨き

歯医者は、虫歯になったら通うと思っている人が多いですが、実際は誤りです。実は、虫歯になってから歯医者に通うというのは少し手遅れな状態なのです。なぜなら、歯は一度削ると再生することはなく、削れば削るほど歯は弱っていくからです。そのため、削られた歯は抜けやすくなってしまい、将来的に入れ歯の世話になってしまうことが多いです。よって、歯医者は治療ではなく、むしろ予防のために通うべきところだという認識が現在広まっています。そのため、新宿の歯医者では予防歯科に力を入れているところが多いです。
新宿の予防歯科では、主に虫歯のチェックから始まります。レントゲンなどで歯の状態をチェックし、虫歯がないかどうか、歯周病の可能性がないかどうかをチェックし、その結果をもとにカウンセリングを行います。新宿のクリニックによっては顕微鏡で採取した虫歯菌を見せてカウンセリングを行う病院もあるといわれています。そして、アドバイスを行ったあとは歯科衛生士による歯の徹底的な洗浄や歯石の除去、そしてフッ素の塗布を行い、歯の状態をキレイにしつつ、虫歯に強い歯に変えていきます。
この予防治療は、患者の歯の状態によって行う期間が変わります。全く問題がないなかったら半年に一回程度であり、危険な場合は3ヶ月に一回の割合で検査を行います。新宿の歯医者では、定期的に通うように患者にダイレクトメール等でお知らせをしたり、治療ごとに予約を行ってもらったりと、歯の健康を守るために様々な手を売っています。